読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(そう考えるだけで、ふたたび

「概観」へ連れ戻される。ヨーロッパにはまだ昔ながらの配置を留める博物館がいくつかあるが、そこのギリシアの壺の展示室や回廊などは、足を踏み入れるだけで、めくるめく心地がしてしまう。硝子ケースひとつひとつの中で、一部しか見えないこともままある、あのまるみを帯びた表面の上に、物語が生じているのだ。神々や英雄たちの生涯を語る逸話の、たゆまぬ反復―これを眺めていると、異説における反復と再表象の必然性が、それらの物語の生理に属しているのだと考えずにはいられない。しばしば、鑑賞する人が戸惑わないように、何も見逃したりしないように、登場人物の名前がそこに添えられている。御覧なさい、これがアテナ、これがヘルメスと、まるで諭すように。あたかも、これらの形象が描かれていなければ、液体を取り込んだり、捧げたりといった、第一に生命に不可欠の行為が、許されないとでも言うかのようだ。物語はいく重にももつれている。これをほぐし、編み直すために、神話作家が必要であった。そのうち、物語を語り継いだ無数の壺作り職人の手を見分けるために、J・D・ビーズリーの精密さが必要となった。とはいえ、壺作り職人であれ、神話作家であれ、学者であれ、何も知らない鑑賞者や読者であれ、概観という技術を駆使する必要があるのは変わらない。解き放たれるかどうかがインドラ神の腕ひとつにかかっていた。かの天上の海のごとく、わたしたちひとりひとりにこれまでのしかかっていた、あの「幻想のマッス」がふたたび噴出されることを、すくなくともベンに起きたように、望むのであれば。)

(楕円関数

http://www.youhuaaa.com/UploadFiles/images/Painting_Pic_Full/101/50474.jpg

P1(U)の、G2=0、G3=4である場合の様相といった無味乾燥な述語のなかに、その製作者たちによって分類整理されている数学的オブジェを、それらよりも魅力的な呼称に見あう詩的オブジェと対立させようとするのは、とざされた合理主義の罠にふたたびおちいるようなものだろう。ついでに注意しておきたいのは、詩的オブジェを誕生させた思想が、このうえない確実なちょうやくによって抽象から具象へと進んできたということであり、他方その間にも、現代芸術のある部分(抽象主義)は、あくまでもその反対の方向に固執しつつ、発表されたあれこれの資料からも明らかなように、その作品実現の決定的な遅れを衆目の前にさらしているのだ。)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3b/Portr%C3%A4t_Paul_Ranson.jpg

ART BANK特選 シリーズ1@韓国文化院

韓国の主に文化的なあれこれに最近興味を持って少し調べようとするとたいてい10年、20年の単位で物や事、システムが激変したりしているので感じが掴みづらくて(そもそも誰のせいだと思ってんだよって話かもしれないがそれはまあ)、このうちらのモダンなアートをちょいとお隣さんにレぺゼン、みたいなのも冒頭に置かれる成り立ちをまとめたパネルの前で一寸頭を悩ませたあとま、いい、こうゆうんは今、ちょっと無理、と見切って速やかに鑑賞に移った。

でも最初の絵からいきなりこれはヒストリカルななんやかんやをアレしないと観れないやつですよね多分、て感じで(いや適切な教材と機会さえあれば学びたいのはヤマヤマなのですが....)、しかも古の画風の伝播と変容に関する興味深い催しは人がよそ見をしている間に昨秋上野のほうで速やかに行われてしまった後らしく(シンポジウム、講演、面白そうだったなあ....なんか中止になったらしいやつなんか特に)なんとなく、透けて見えるみえないものを勘案しつつ上ったり下りたり。

円と星、それに反射に関して、いくつかの作品をコンビネイションとしてみることも可能であるように配置されているようで、やはりここにはシャレオツな人材が、という浅い疑惑を独り勝手に裏付ける事に成功。

ラスト三枚がまたカッコいい。抽象、表現主義、構成主義、それにポップ(みんが!)の間を素早く行きつ戻りつできるアングルに自分たちを位置付けることの地理的歴史的権利の可能性へのささやかな主張、というのはちっとも悪いことでも無いし、子どもっぽく振るまわなければいけない業も、卑屈に遜る必要もこれっぽちも、ないのだ。

第一期は14日(火)までで、二期は16日から来月の18日(火)まで、楽しみ~。なお日曜はお休み。

 

写真分離派「写真の非倫理 - 距離と視角」@ NADiff Gallery a/p/a/r/t

"非倫理"って、アイデアとしては別に新しくないかもしれないけれど、何故かは知る由もないちの漲りを四方に延ばされた幾枚かのプリントと組み合わせると、たちまち謎の説得力が。

倫理ってのはよく知らないけどカントなんでしょ(カント?)、じゃ、非がつくと何なのヘーゲルなのそーなの?ってでもたぶん(読んでないし当分読むつもりもないけど)ちがくて、いろいろな思惑を裡に秘めた数人が集まって、適当な場所を得て、何度かの試行錯誤のうちに自然と出てきた感じの好ましく羨ましい良さがある。怨恨は抜き。

ここの陳列された品々を一瞥しつつ階段をぐるりと降りたところの空間はいいなあといつも思っていたんだけれど、今回もうまく設えられていて、いつものオブジェ君もかわいく鑑賞しているのを背中(あるんか?)からよしよしって。

二階は二階で素晴らしく、色がいろいろ。置いてあるロンドン発のかっこよくて新しいのを素早く訳されたcurated bookもイイ!(でも高いから買えない!!

上下からの圧のせいなのか、一階では来るたびに写真集が増えて、30%、半額、え~いもってけ八割引きだ~!みたいのにもかかわらず売れ残りの棚の苔タチに哀愁を覚えつつ、そ~だここら辺のことは蔦屋で調べようっと(あそこならだれも寄り付かないので落ち着いていつまでも眺めていられるしね)思って財布を出すそぶりのひとつも見せずに冷静に店を後にしたわたしでした。

 

before and again - まえとふたたび - 竹本真理@Open Letter

 無茶苦茶良いロケーションで無茶苦茶気合の入った展示を見てしまってハナジ出た。

調べてみたらどうやら今日日のいかずのいけすにはまれな粋筋の方々の仕事のようで、こんなのを偶然期せずして発見してしまう自分、持ってますよね―はっきり云って、かいえんかいえんかいえんぺーぱー....

反射と対称、解放と縮減、増殖と凝視、計測と無限、等々、等々....

軽やかでかつ安くない素材の扱い方は(もう当然言われているのだろうけれど)福田尚代を思わせるような。

クレーの

https://c1.staticflickr.com/6/5302/5638015325_1948217a3f.jpg

 

ジャコメッティの

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/1c/22/09/1c2209b6586bb239214f7f04cb55cbd9.jpg

とかの

世界の中に潜入してみたら?あるいはこんなかんじかも、という....

身体のそこらここらで気が付かなかったアナがあくような気持になるような高気圧に耐えきれずに短時間でタマらず室をあとに。

そんなこんなが、こちらのタダの気にし過ぎだったのかどうかなんてのはもう撤収されているだろうから二度と確認できませんが大変印象深い体験....

突然ですが

ここで一曲、

♪げつようとかようとすいようともくようときんようとどようのとびらがひらーかなーい♬

♪げつようとかようとすいようともくようときんようとどようのとびらがひらーかなーい(^^♪

あんなにくーるにしてたのに こわれてもあかいないどあがある♪

どーしょ♪

どーしょ♪

お ぱっきゅらまーの ぱっきゅらまーの ぱおぱおぱぱぱ

お p(ry

ソウシャのコドク

じぶんに

”あなたが甲殻類のアレルギーだった場合、あなたの心は殻に閉じこもっている可能性があります。あなたが小麦アレルギーだった場合、あなたは冷えに弱い可能性があります(小麦は冷やす食品)。あなたが花粉アレルギーだった場合、生殖や異性を求めていない可能性があります。”*1

 

"もはやそれは滑空ではなく、内面的なこうはいであり、怪物のごとき童謡であり、""神話が、ヒューマニズムをこれほど完全に喪失しているのも当然""もはや冒険も運命も知らず、ただ条件鹿""人間的というよりも人類学的な""聖なるものの移動が起きただけ""名前もわからないし、何を考えているかも"*2

youtu.be

 

*1:内海聡氏twitter@2017/1/29

*2:ロラン・バルト『著作集3 現代社会の神話』p.154-157

『私の少女』(2014)도희야/A Girl at My Door

DVDで。

カエルが黄色い。

ムシェットとか害虫学生とかリリア4とかの仇を我らのドゥナ先生が南朝鮮の海辺

にまで行き着くところのド田舎で討つ!とか、僕らはみんな映画共和国の仲間だよね、な見方もできる作品かもしれません。

大量購入してペットボトルにわざわざ移し替えるとか....too close to the boneな演出、やめて....

 "所長"待遇での単身赴任。西部劇的な。

 同僚部下たちとのよく気遣い合いされている距離感のある関係は骨に染み付いた儀礼を順法精神持ち主たちが保持しているおかげかも?

 帽子、敬礼、カンパニィ(キッザニア?)

 TVのK-popに合わせてニーハイとぴったりとしたワンピースを纏い軽やかに舞いつつ、とても”子供とは思えないような見事な”演技(物まね)でひとを魅惑する華奢なまーめいど子役の、しかし将来のことを考えると勝手に観る者を暗澹とした気持ちにさせる、いずくも同じ芸能界のヤみをコンパクトに煮詰めたような演出が....

カフチョウセイとの対決!などと言ってはみても、敵は皆になんだかんだいわれつつ村のみんなに愛され頼りにされている、ちょっぴりマザコン、でお酒が入ると義理の娘を殴る蹴るしちゃうのが玉に瑕の小市民(あ、あと不法移民関係が。いずこも牡蠣のおいしい季節ですよなあ)

部下?のおじさんとか、中年の女取調官とかのキャスティング、この絶対的安定感がががが

拘置所。それぞれの檻を透かして所長と傷だらけの顔の中東?からの不法入国者が見交わす対角視線によって浮かび上がる平面がイ・ランさん仰るところのいわゆるHELLインタビュー:システムがヘル、人は悪魔じゃない――イ・ランが語る『神様ごっこ』と隠された地獄 - CDJournal CDJ PUSHのヴァリエーションなのかも?

 突堤のロングショット。くるりくるり踊る。何年か前の全然乗れなかった朝の連続テレビ小説に群がってじぇぇ~とか言ってた人たちの気持ちが今頃になって(....きぇぇ~とか? コリアだけに!)

鬱蒼と薄青い曇天を映す窓ガラスをたたく水が観客を暗澹とさせるオチは、ジャームッシュ?いやいやイーストウッド、か、も(これが長編第一作って....)